名古屋市天白区で冷え性改善、骨盤矯正ならてんぱく美健整体へ!

治療ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月22日

環軸椎不安定症(環軸椎亜脱臼)

環軸椎不安定症とは?

image003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環軸椎不安定症とは、一番上の頸椎(環椎)が2番目の軸椎に対して前方にずれる不安定な状態です。そのうち、ずれがひどく環椎と軸椎を結合する関節が完全にはずれてしまう場合を環軸椎亜脱臼といいます。ダウン症に頻度が高いことで知られ、ダウン症の患者さんでは10~30%に環軸椎不安定症があると言われています。ずれの程度によっては脊髄が圧迫されたり損傷されたりして脊髄麻痺症状が出現します。

環軸椎不安定症の症状は?

手や足などを動かす力が弱くなるふらついたり、片足を引きずったりしながらも歩ける場合もあれば、全く歩けなくなる場合もあります。あるいは、歩いていても疲れやすく、すぐにしゃがみこんでしまう、歩くのを嫌がる、階段をのぼれないなどの歩行障害)。
・スプーンや箸が使えない、手に持ったものをすぐ落とす、腕が上がらない。
・麻痺がひどい場合には、上半身、下半身とも麻痺する四肢麻痺で寝たきりになることがある。
・知覚鈍麻、手足のしびれ(本人がそのことに気付かない場合や十分に表現できない場合があります。)
・首や後頭部を痛がる。
・首を動かそうとしない。
・首や顔が横にむいたまま戻らない。
・呼吸が弱くなる。
・排尿、排便障害

日常生活で注意すること

・首を前に曲げるうなずく動作を控える
・首や頭に強い衝撃が加わらないように気を付ける。
・マクラを使用するのは頭を前に曲げる姿勢になるため好ましくない

image006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自身やご家族で不安や当てはまることがあれば一度医療機関を受診されてみては?

お気軽にご相談くださいませ TEL 052-842-8985 受付時間 月〜金:9時~12時半、16時~20時
       土:9時〜16時 (水午後、日祝休診)

Copyright © てんぱく美健整体 All Rights Reserved.